知らなかったでは遅いので・・ラックストーンのデジタルアンプLXA-OT1!を貰っちゃおう。追記動画UPしました。

人気ブログランキングへ
20111115LXA-OT1

※LXA-OT1の100V電源と220V電源との比較動画をUPしました。記事下の方です※

改造編はこちらから御覧ください

すでに話題なので知らない人の方が少ないとは思うんだけど、知らなくて後で悔やむよりは少しでも告知して上げないといけないよね。

stereo (ステレオ) 2012年 1月号 ¥ 2,800 にstereo誌とLUXMANとの共同企画のデジタルアンプが付録で付いてくるんだからこれはもう予約入れとかないと後悔するわ。

LXA-OT1

私も予約入れときました。

stereo (ステレオ) 2012年 1月号 [雑誌]
stereo (ステレオ) 2012年 1月号 [雑誌]

スピーカーキットが予想以上に良い音が出たので期待が大きすぎるかも。

女性誌なんかだと付録付きが大好評で良く売れてるらしいのでオーディオ誌でもこういう企画で購読者の掘り起こしをもっとやって欲しいです。

だって書店にオーディオ雑誌が売れないから並ばないでしょ。
これって凄く寂しいですよね。

で、ステレオ2012年1月号はかなり反響が大きくて予約数もまだまだ伸びてくると思うんだけど、今日の時点でアマゾンの配送日時がずれ込み少し遅くなってます。

一応発売日: 2011/12/19ですがアマゾンの配送日は 2011/12/21 – 2011/12/25 で、25日以降になるかもとの事です。
クリスマスには間に合わせて欲しいよね。

●性能
基板のサイズ:幅94mm×奥行き92mm×高さ40mm
ACアダプター:出力12V/1A(本アンプ専用)
最大出力5W+5W(8Ω)
周波数特性:10Hz~40kHz(+0、-3dB)
高周波歪率:0.5%(1kHz/1W)
S/N:90dB(IHF-A)
●概要 音量ボリューム(ノブ付)、RCAライン入力端子、プッシュ式スピーカー出力端子、DC電源端子。
電源LEDが最初からアンプ本体に組み込まれていますので、ラインを接続しすぐに音を出して楽しめます(スピーカーとラインケーブルは必要になります)。
●付録内容一覧 ・デジタルアンプ基板(アンプ本体) ・PVC透明カバー(基板の上部を覆うタイプ) ・支柱とネジ(基板を自立させるための支柱20mm×4本) ・ACアダプター

 

20111115LXA-OT1

安物くせぇ~~

雑誌の付録だから仕方ないけど、それでも良くがんばってると思う。

自作派にはこのほうが弄くりやすいし。

ACアダプター付きとは太っ腹だよね。

TOPPING TP-10 MARK4がもし逝っちゃったらばっちり収まりそうです、、って壊れるの期待してるかも。

だってTOPPIG壊れないんだもの。

2年間通電しっぱなしで何の異常も無いし・・皆さんのTOPPINGはどうですか??

それか、ギターのエフェクターのケースなんかアルミで出来てるからかなり良いんじゃないかと思います。

Garrettaudioさんだと塗装済みのケースが有ってカッコイイんじゃないのかな。

穴あけ加工必須だけどね。
ああ、でもあのケース丈夫でアルミなんだけど厚みが有るから穴あけが結構大変なんですけども。
フロントにヘアラインの入ったパネルを用意できれば最高!!!

って、TOPPINGのケースやん^m^;

20111115LXA-OT1

 

でも、正直LUXMANの名が無かったら微妙だよね。。

ネット上の情報では1月号誌上でUPグレードのやり方をレクチャーしてくれてるらしいです。

有料オプションでUPグレードパーツ配布なんて企画も面白そうですよね。

だれか提案してくれないかなあ・・

オクで誰かやってくれそうにも思うけど。。

 

LXA-OT1

 

LXA-OT1

 

ううっ・・ラックスマークが泣かせるなあ。

 

ICはTDA7491HV。

ゲイン調整可能!

こんなのごく一部の高級機にしか無かったぞ。

しかもオペアンプは交換用ソケットに実装してあって交換可能!

ボリュームは電源ON・OFFスイッチ付きとかでこの辺はコストダウンに苦慮された感が有ります。

ちゃんとしてないとラクスマンの名が泣くもんね。

 

で、TDA7491HVと言えばカマデンのデジタルアンプキット TDA7491KIT

3,990円(税込み)が先発しています。

  • 単電源(DC12V)にて動作可能
  • 入力ゲインは4段階調整可能でiPod直接入力可能
  • 部品点数が少ないので初心者でも組みたてが容易
  • 機器組み込み用途を強く意識した設計
  • 出力:最大20W×2ch(BTL) 4Ω、1chあたり7W(DC12V 4Ω時)THD+N=1%
  • 定格電源電圧:DC6V~18V(DC12Vにて動作)
  • 周波数特性:20Hz~20kHz ±1dB
  • 基板サイズ:97(W)×56(D)×23(H)mm

 

カマデンTDA7491KIT

 

こちらはバランス入力でジャンパーがどうのとかシールド線つかわないとノイズが醜いとかの話が有りましたけど、LXA-OT1はラクスマン監修なのでそういう所は懇切丁寧に作られてるはずです。

LXA-OT1はキットと違って一応電気製品で厳しい日本の法律に適応してるからちゃんとしてます。

メーカーがアンプを製品として出す時には検査が大変なんだそうですよ。

アンプケースには放熱の為の穴が開いてますけどその穴から針金を入れてちょんちょんと触りまくるんだそうです。

それでショートしたら製品として認められないんですって。

だからキットと製品は出来がまるで違います。

 

音質はラクスマン監修で期待大大です。

ラックストーンが聞けるかも知れないと思うとワクワクしてしまいます。

でももしも、もしもですよ。

LUXMANの音色が気に入らないって時は以前のモデルならビンテージベルデン(単線)を入力にちょっと使うと「おおっ~」ってくらい変わった事が有りました。(あくまで参考)

太く、熱くって感じに。
デジアンにビンテージは無いだろって声が気のせいか聞こえた気がするカモ。。

オーディオ全盛期にはラックスキットって有ったんですけどそれを思い出すなあ。
これを機会に本気のキット出してくれないかなあ・・・
今ならICとかオペアンプとかでお手軽低価格で作りやすいキットを出せるのにね

 

 手に入れる前からこんなに期待されるアンプもそう無いですよね。

しかも雑誌の付録で。

今のうちにケースを探しておこうかななんて思います。
スピーカー端子もラックスで超小型ならスピコン仕様なんてアイデアはGOODだよね。
オペアンプのスタックなんかもトライしてみたい・・って壊しそう。

こりゃあ2個予約かな。。

【追記】

なにやらキット屋さんがケースを企画しているようで・・・
すでにご存知の方が多いと思いますけど。
(わたし的にはキット屋さんが好きでは無い・・)

よりによって管球アンプ風なケースのようで「やってしまったんじゃね」って気がするんですけど。

キット屋ブログ2011,12,06記事

販売は雑誌込みのようで・・・
ケースは優秀な加工屋さんのようでまあコストは掛かってるみたいですね。
雑誌抜きでキュッパア(9800)の方が手を出し安いんじゃね?
と思いますけど、出版元が☓を出したので抱き合わせたのかも知れないなあとは考えられます。

【12月15日追記】

発売日が迫って来ましたねえ。
LXA-OT1のケースをキット屋さんが冊子と抱き合わせで販売すると当ブログでも告知していましたが、ケースを加工する池田工業さんもオリジナルケースを販売します。
池田工業さんの注文方法はHPの問い合わせフォームから行うようになっており、発売日にはAmp Base(ケースの名前)専用の注文カートが整備される模様です。

まあ、これもご存知の方の方が多いと思いますけど一応告知と言う事で・・・

キット屋バージョンと池田工業バージョンはアンプ基板を覆うケースが球アンプ風かアクリルで中のLマークが見える仕様かの違いで基板から下のベース部分は共通のようです。
そうでないとコストがその分掛かりますからね。

で、アルミブロックから見事に削り出されたベース部分はとても綺麗でかつ音質にも貢献するんじゃないのかなって思います。
当然機械で工作を(工作機械は旋盤のようなのとは違い、ドデカイ図体をしています。それに材料をセットして水溶性油を常に流しながら見事な動きで削り出していきます。それは見事ですよ。このベースの加工なら一台に付き7~8分と掛からず出来てしまいます。)するんですが、オデオ分野でも材料の質をそろそろと問う時期に来てるんじゃないかって思います。

また話がずれてきましたけど、アルミでも色々有りますから。
一番良いアルミを使っているのが宇宙分野や航空機です。
で、二番目は自転車!・・・と思う(なにやら自信がなくなってきた)
自転車の材質のコダワリは凄いものが有ってレース用のものは航空機グレードのものが使われています。
最近はカーボンが多いし、スカンジウムなんて言う高価なものも有ります。
アルミ鋳造技術はイタリアが良いとされてたりもします。

で、なんでこんな話をするかというと、アルミでも硬いアルミと柔らかいアルミが有るんです。
当然音響機械で使われるとその硬さによって音質が違ってきます。
インシュレーターを変えると音が変わるアレです。
で、アンプケースなどに使われるアルミは加工性の良さからさぞ柔らかいアルミを使ってると普通は思うのですが、実は硬い方が加工性が良いんです。
柔らかいと加工する時に材料が粘って刃にまとわりついたりします。
悪女みたいにね。(女性の方ゴメンナサイ)
逆にプレス加工とかへら絞りなどは柔らかいグレードのものを使います。
柔らかい、硬い材料の中でもさらにグレードの違いが有ります。

で、なにを言いたいかといえば「アルミ無垢だから良い」は間違いで過信は禁物と言うことです。
材料の質にまで気をくばっている製品はどれほど有るんだろ?

・・・と言う事で。。

池田工業さんの社長ブログでLXA-OT1アンプケースのAmp Base情報は日々更新されてます。
興味の有る方はことらからどうぞ。
池田工業HPはこちらからどうぞ。

(12/18)

アマゾンから本日発送のメールが来ました。
なにやら発送が遅れるかもと有りましたがちゃんと発売日に合わせて来ましたねえ。

これは楽しみです。
でも忙しくなるなあ・・
ちょっと大変だよ。

なにせ寺垣スピーカーが家に来てるものだからセッティングとか煮詰めてYoutubeに動画をUPする予定だからまず機材を揃える所からやってるんです。

だからこのLXA-OT1の試聴記・改造・ケーシングなんかは時間掛かりそうです。

(12/19)

待ったぜ、オイ!

ワクワク、、ワクワク。。

LXA-OT1

いざ開封!

LXA-OT1

ふむふむ。。

LXA-OT1

LXA-OT1

いや~~おとなのおもちゃ・・違った。
でも楽しすぎ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

LXA-OT1

基板裏面はこんな感じです。
LXA-OT1

2分で完成!!

さて、どんなケースに入れようか。
てかデジカメと録音機材を買っちゃたので物色出来ないわな。
また、家に有るものを物色することにしようか・・悲すい。

今から7~8年ほど前はオクにはまっちゃってて次から次へとポチしまくってたので覚えてないパーツやらがワンサカ有るんです。

アンプケースもどこかに詰め込んで有るはずなのよ。

視聴と、ケースがすぐに見つかったらそれと合わせて追記しますね。

こんなもので心躍る自分って・・・・・・・・・・・・・・・・

あ、それから
アンプケース用にLaxmanのシールでも良いから欲しかったと思いません?

【1/2動画UP】

実は初めての火入れです。
なにかと忙しかったもので、改造を云々と言っておきながら放置してました(^^ゞ

で、せっかくの動画だからと電源の違いでこう変わるってのを見て頂こうと思ってね。

LXA-OT1に付属の電源アダプターは100V~240V対応と記して有りましたので試してみました。
外国資本が入ってるとやっぱり違うよね。
デジタル系は電源で大きく変わるので試してみる価値は有ります。

では、まず100V編から見てください。
寺垣スピーカーを鳴らしています。

付録にしては出来過ぎかもね。
改造派には腕が鳴るって所。

次は220Vにスライダックにて昇圧した音です。

音が締まってますし、なにより音に勢いみたいな力感が感じられます。

※電源を昇圧される際には個人の判断にてお試しになるようお願いします。

 共立エレショップでもLXA-OT1のオプションパーツコーナーが出来てますねえ。
こりゃあ業界を巻き込んでの台風の目になっちゃったわ。

こんな楽しいものはそう有るものじゃ無いのでトコトン楽しもう!

【1/6追記】

16V電源アダプターが手元に有ったので純正アダプターと比較してみました。

結果は純正が圧勝!
低コストアンプで有っても音を決める作業はきちんとやられているようです。
トランス、レギュレーターで電源を作っても現在の音を超えられるのかは甚だ疑問に思えてきました。

いつもの私ならあっちもこっちもと変更や改造有りきで製品をみてるのですが、これは出来る限りオリジナルに忠実の方が賢いと思うんです。
先の電源アダプターもそうですが、頼りないアンプの脚も早く取っちゃってケースにいれることを考えるわけですが、この脚なども普通は両端に穴を開けタップを切ってあるものなのに、特注で穴を一個にしてます。

置き場所を変えると音が変わるものですが、この長い足が音質にも貢献しているっぽい。

管理人が撮った動画ではマッキンC11の上に(鉄板)LXA-OT1を置き4本の足で立っているのですが、このプリアンプの鉄板が音を好ましくさせているように聞こえました。

軽量アンプにはこの足がもっとも良くてコストも掛からなかった最良の選択で有った可能性は有ります。

ケースはスチール製が良いのではと思っています。

改造編はこちらです

 
その他Laxmanアンプを見る

stereo (ステレオ) 2012年 1月号 [雑誌]
stereo (ステレオ) 2012年 1月号 [雑誌]




You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
当サイトのコメント欄はツイッター・はてブなどと連動しており表示しています。
どうぞお気軽にコメント・製品レビュー・ツイートして下さい。

One Response知らなかったでは遅いので・・ラックストーンのデジタルアンプLXA-OT1!を貰っちゃおう。追記動画UPしました。”

  1. ouchouchouch より:

    @hazoom48「で、アルミブロックから見事に削り出されたベース部分はとても綺麗でかつ音質にも貢献するんじゃないのかなって思います。」と書いてあったので、アンプのノイズか振動か何かが音質に影響するのかな?って思ったのです。 http://t.co/NzXwSZks

Leave a Reply”

*




Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting

wp_footer(); echo get_theme_option("footer") . "\n"; ?>