XiangSheng DAC-01 管球DAC搭載ヘッドホンアンプ

人気ブログランキングへ
gttfyt6857

XiangSheng Electronicは中国のオーディオメーカーで管球プリメイン(豊富)を主力にスピーカーなども手がけていてHPを見てもいかにも中国といった風では無くて英字のリッパなHPで好感が持てます。

XiangSheng DAC-01の特徴はDAC出力に真空管6N3を使用している点。
また、真空管からの出力と真空管を通さないストレート出力をアナログ出力2系統で選べる点です。

多くの現代管球アンプで使われている6N3ですが、音質は上質かつ優秀で、入手も楽だし、互換球も5670、2C51、WE396A、WE407Aなどが有名です。

ヘッドホンアンプ、DACともにどちらがメインでどちらかがおまけ的では無く、双方の機能が両立しているのもDAC-01の良い点だと思います。

ダイナミックレンジ: 117dB  
S/N比:96dB(真空管使用時90dB)  
周波数特性:20Hz-30KHz
出力インピーダンス: 50kΩ  
入力インピーダンス:アナログ100kΩ、デジタル75Ω 
ヘッドホン出力:1000mW-300mW
使用真空管:6N3(5670代替可)

入力端子:CD/DVD , AUX, TOSLINK(光デジタル),RCA同軸デジタル,USB1.1(OS自動認識:Windows Me /2000/XP/Server 2003/VISTA &7 32or64Bit/Mac OS. 9.1以降、Linux カーネル9以降)
出力端子:RCA端子(L+R)×2(ノーマル出力・真空管出力)
16・20・24ビットサンプリング  
サンプリングレート:32kHz、44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kH
電源電圧:AC110V/50・60Hz(100Vも動作可能)
外寸:W260mm, D167mm, H55mm  
重量:2kg
付属品:・電源ケーブル×1(3極) ・取扱説明書(英語・中国語)

中国製オーディオ機器は大抵AC110Vとなっていて100V使用可なんですが、この10Vの差が意外に大きくて110Vに昇圧したら聴感上かなり違います。

もし昇圧トランスを持っていないなら是非購入してみて下さいね。

不満が解消するかも知れませんから。

もっとDACを見る

他のヘッドホンアンプを見る




You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
当サイトのコメント欄はツイッター・はてブなどと連動しており表示しています。
どうぞお気軽にコメント・製品レビュー・ツイートして下さい。

Leave a Reply”

*




Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting

wp_footer(); echo get_theme_option("footer") . "\n"; ?>