Yaqin(雅琴) MS-34B EL34BPP管球プリメイン

人気ブログランキングへ
adhgjkuhyiuy536

出品者の商品名はYAQIN社■高品質真空管PPアンプ■EL34×4【KT88変更可能】

真空管をEL34BからKT88に差し替え可能。
もちろん6CA7等の互換球の違いも楽しめます。

電源部を分離(でもくっついて一体では有る)この辺はYaqin流のデザインなようです。

でも、管球アンプが初めてで超初心者さんはバイアス調整ってなに?って所は勉強が必要です。
まあ、球交換時にテスターで測って調整するってだけですけどね。
これも管球アンプの楽しさってのもです。

管球アンプは部品点数が少なく、壊れにくくメンテナンスが容易な事も魅力で気に入れば一生使い続ける事が出来るアンプです。
中国製アンプは驚くほど安いので自作する人などは改造素材として購入する場合も有るようですね。

音質についてもググっても悪材料はまず見つかりません。
それはコストパフォーマンスが余りにも優れているせいも有りますが実際視聴しても音色の好みはあれど音質は大満足するレベルに有ります。

ミニコンポから乗り換えた人とか、低価格システムから乗り換えた人など、管球アンプが初めての人は特に音の実在感、音楽の熱気、ボーカルが前へ出てくるなどで実感すると思います。

現在売られている管球アンプは昔のイメージはまったくなくてビンテージ感は有りません。

一般的にトランジスタアンプと比べて押し出し感が強ので柔らか味はあるけど鮮烈な音を出すことが出来ます。

ゆったりとおおらかなで解像度での低い・・・と言った事は心配無用です。

透明感、空気感などの表現はトランジスタ製品だとかなり投資をしなければならないけど管球アンプだと中国管球アンプで実現出来てしまいます。

夏場は熱いですけどね。。

MS-34Dに付いてる真空管はEL34B。

これはヨーロッパ調かアメリカンかと言われればヨーロッパ調です。

クラシック、室内楽などにピッタリで雰囲気、陰影の表現などを得意とします。

一方、交換可能なKT88はアメリカン。

パワーで押してくる感じでポップス、ジャズが得意。

一般的に明るく乾いた感じでしっとりとした表現は似合わないです。

と、まあこんな感じです。

Yaqinアンプをもっと見る

他メーカーの管球アンプを見る




You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
当サイトのコメント欄はツイッター・はてブなどと連動しており表示しています。
どうぞお気軽にコメント・製品レビュー・ツイートして下さい。

Leave a Reply”

*




Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting

wp_footer(); echo get_theme_option("footer") . "\n"; ?>