Ayre エアーV-1x パワーアンプ

人気ブログランキングへ
v1x

Ayre製品の音質イメージはクリーンで澄み切った音質とおそらくは今使っているアンプより音場が広がる・・・

と言った所が一般的です。

このV-1xは1997年に登場したV-1をバージョンアップして2001年に発売開始されました。
こののち、V-1xはさらにアップグレードされて2006年にV-1xeとなり、現在はV-1xeも生産終了のようです。
AyreはAxiss取り扱いです。

私自身わずかな時間ですが視聴してみた感想は、凄く自然に感じました。

自然と言うことはイヤラシさが無いと言うことで200W+200W(8Ω)の実力が有りながら、力み無く艶やかと言った方向ではなくてサラリと聞かせてくれるアンプでした。

情報量にも文句が出てきません。

普通の視聴環境では音量を上げて聞くより小音量で楽しむ事の方が多いと思いますけどそういう時に「暑苦しくない」と言う意味です。

MOS-FET使用とノンNFBの無帰遠回路が載っている事がこのV-1xの大きな特徴で無帰遠回路ゆえのクリーンでまるで冴え渡る空を見ているような贅沢な気分にさせてくれるパワーアンプです。

でも冷ややかでは無いし、線の細さにがっかりする事も無い高級機然とした所と定評の有るサウンドステージの広さはさすが高額なアンプだなあと思いました。

●出力段に直線性に優れた厳選のMOS-FETを使い、ノンNFBの無帰遠回路を搭載
●入力から出力まで完全バランスサーキットを構築
●トロイダル型チョーク・コイル採用により、電源の雑音成分の低減とリターン信号の影響を排除、無帰遠回路独特の澄み切った再生音を達成
●K-1プリアンプと運動するリモートコントロール機能
●実効出力 200W+200W(8Ω)、400W+400W(4Ω)
●ゲイン 26dB
●入力インピーダンス 10kΩ
●消費電力 30/Wスタンバイモード、3OO/Wオペレーションモード
●外形寸法 W46Omm×D490mm×H180mm
●質量 43kg

定価:1,890,000円

さほど販売量が多くは無いと思うので中古市場にもそんなに玉数は有りません。

なので中古相場も価格的にまだこなれていないようで良品では50万を下回る事は無いようです。

丁度これを書いている時にヤフオクで出ているんですがリモコンの電池交換が六角レンチで出来ないと説明されてましたが、海外製品には良く使われている六角レンチでは合わない規格のネジなんでしょう。

でも工具屋さんとかネジ屋さんで容易に入手出来るものなんですけどねえ。

(ネジの名前を忘れた。ごめんなさい)

海外製アンプ(特に高級品)にはそれが使われていますから所有者は必需品ですよ。

Ayre製品を見る

他メーカーのアンプを見る




You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
当サイトのコメント欄はツイッター・はてブなどと連動しており表示しています。
どうぞお気軽にコメント・製品レビュー・ツイートして下さい。

One ResponseAyre エアーV-1x パワーアンプ”

  1. truthta より:

    ヤフオクで25万スタート。欲しい。Ayre エアーV-1x パワーアンプ | ヤフオクAudioの価格と口コミ http://t.co/bwGV5DQ via @truthta

Leave a Reply”

*




Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting

wp_footer(); echo get_theme_option("footer") . "\n"; ?>