Cello チェロ Audio Palette&Palette pre

人気ブログランキングへ
palettepres

Audio Paletteの普及版的なPalette preですがゲインコントロールに精緻なイコライジングの機能的には変りなく管理人には違いを聞き取る事は・・やぼな事かも。
ただその効果は恐るべきで表現力が明らかに向上しました。
お酒のコマーシャルじゃ無いですが「深く濃く・・」こんな感じ。

もっとも使用している部品が違いますので音色より性能面での違いは大きいのかも知れません。
価格的にも大きく違っており、Audio Palette は定価300万~に対してPalette preは189万と大きく差が有ります。
内部を見るとかなり差が有るのに驚くほど。

Audio Paletteは物量をホントに惜しげもなく投入した・・通常の10倍だとか(5,000個も~)まさに弩級。

Audio Palette内部画像

下の画像はPalette pre mk2

Palette pre mk2内部画像

ね、違うでしょ。

でも普通のイコライザーと同じ感覚でいては失礼なくらい違います。
まあ、多くのイコライザーは低価格で音を悪くすることは有っても良くすることは有りませんから。

で、レビンソンが提唱したミュージックレストレーション・・音楽復元と何とも凄い思想から生まれた一般のプリアンプ・イコライザーとは一線を引く製品と言う事でAudio Paletteを通すと複雑?に変化します。
「う~ん、そう来たか」と唸ってしまう嬉しい改善の仕方をします。

出力入力のゲインを上げ下げする事で音質に変化が有る事は良く経験することですがそれを積極的にやっちゃおうというのがAudio Paletteで、これを通すだけで良くなるという所有者しか体験できないから伝説とも言えることをあっさりやってのけるのを目にすると唸るしか無い・・(爆

Audio Paletteはそうそう玉数が無くて中古店でも見ることは出来ませんが機会が有ったならこの感動?を是非体験してみて下さい。

良くレビンソンを使っているハイエンドな人のサイトなどでゲインを上げ下げして違いを楽しんでいるなど贅沢な記事を良く見ますが「なるほどこれのことか」って納得させられると思いますよ。

チェロのアンコールなどは聞く機会が割りと有るのであの音色をご存知の方も多いと思いますがこのAudio Palette・Palette preはアンコールのように音色の支配力は有りません。
積極的な色付けはせず、その役目を忠実に果たします。
悪い意味のCello色にシステムを染められる心配はいらないと思います。

Audio Paletteの偉大な評価の影に隠れてしまっているPalette preですが実力は並みのプリアンプでは無いのにかわいそうな気もしますね。

Audio Paletteは大手中古店でまだ100万を切ることは有りませんが、Palette preは60万~50万といった所です。

Palette preですが精緻な入力ゲイン調整と高度なイコライジング機能の威力は十分過ぎるほど体感できるのでENCORE ほど色付けしたくない場合の選択としては◎だと思います。

ただ。。。オーディオにドップリはまってしまう覚悟?が必要かも知れません、ね。

おそらく今後こんな製品出て来ないですよね。

ヤフオクに出品されていれば表示されます。その他Cello製品を見る
他のプリアンプを見る




この記事が併せて読まれています
You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
当サイトのコメント欄はツイッター・はてブなどと連動しており表示しています。
どうぞお気軽にコメント・製品レビュー・ツイートして下さい。

One ResponseCello チェロ Audio Palette&Palette pre”

  1. truthta より:

    ヤフオクに出てたので記事にしました。Cello チェロ Audio Palette&Palette pre | ヤフオクAudioの価格と口コミ http://t.co/esd9iMF via @truthta

Leave a Reply”

*




Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting

wp_footer(); echo get_theme_option("footer") . "\n"; ?>