MarkLevinson マークレビンソン No.26L

人気ブログランキングへ
clipx2004-img600x360-1219558118cee0lt15160

1988年、新体制下における初のオリジナル製品、“No.26L”が登場します。これまでのカード式モジュール形式の殻を破り、オプション基板を除く主要回路をワンボード構成とし、広い基板面積を有効に活用して二つのモノラル回路をシンメトリーに搭載する、初の「デュアル・モノラル・コンストラクション」を採用しています。
JC-2/ML-1Lに始まったスリムな筐体デザイン、ML-6からML-6BLへと連なるモノラル・プリアンプにも迫る高いチャンネル・セパレーション、全段ディスクリート構成のオーディオ回路、そして、より強化、洗練された電源部など、No.26Lはマークレビンソンのプリアンプ技術の集大成であり、また高音質と機能性の高い次元での融合という、LNP-2以来のテーマにも挑んだML中期の代表的なプロダクツです。
Mark Levinsonホームページより

マークレビンソン中期の気合の入ったプリアンプ。

このモデル以降はマドリガル色が強くなり、初期モデルから受け継がれている

いわゆるMark Levinsonはこのモデルが最後と言われています。

Mark Levinsonを堪能するならこのモデルが現実的にベストバイかもと思います。

Mark Levinsonの音が出るのはこのNo.26Lが最後です。

硬質だけれど、現代最新アンプには無いある程度の線の太さと色の濃さが魅力。

Lというのはもちろんレモピン仕様。

ヤフオクでも程度の良いもの(外観)は良い値段がしますが、確実に玉数が減っ

てきますから財布の中と相談しながら入手するのは経年劣化とのバランスでそ

ろそろのような気がしませんか。

バランスモデルが入手できればベストですね。

No.26Lは電源スイッチが有りませんから常時通電です。

電気代をケチっちゃあダメですよ。

ケミコンなどは、通電していてもスイッチを切っていても寿命は同じです。

経年劣化するのもだから製品・部品の湿気対策にも通電しっぱなしは利に適っ

てる訳だしデリケートな音のアンプだからこそ最高性能を発揮させたいですね。

フォノボードは後で売る時に有利なだけかなあと管理人は思います(笑

他のMarkLevinsonアンプを見る




この記事が併せて読まれています
You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
当サイトのコメント欄はツイッター・はてブなどと連動しており表示しています。
どうぞお気軽にコメント・製品レビュー・ツイートして下さい。

One ResponseMarkLevinson マークレビンソン No.26L”

  1. truthta より:

    MarkLevinson マークレビンソン No.26L | ヤフオクAudioの価格と口コミ http://t.co/3NAk4nt via @truthta
    ブログ更新しました!

Leave a Reply”

*




Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting

wp_footer(); echo get_theme_option("footer") . "\n"; ?>